• ホーム
  • ダイエットに良いカロリーの少ない朝食は?

ダイエットに良いカロリーの少ない朝食は?

2019年10月29日
運動している肥満の女性

朝食は、一日の食事の中で最も重要なものだといわれています。
夜寝ている間は何も食べませんし、朝の私たちの体はおなかがすいている状態です。
そのため、朝食に食べたものというのは、体に最も吸収されるのです。
朝食は、質も量も適切なものを食べることが、ダイエットにはとても重要になってきます。

まず、甘いものですが、甘いものは脳の栄養といわれています。
そのため、朝のねぼけた頭をシャキンとさせるためにはとてもいいものかと思われがちですが、甘いドーナツなどの食べものは、カロリーが高いだけで、栄養をほとんど含んでいないのです。
卵や全粒粉のパンなどであれば、健全な栄養をチャージしてくれますし、満腹感も続くものです。
ダイエットをしているのであれば、朝から甘いものは控えるべきなのです。

またダイエットをしているのであれば、量にも気をつけることが大切です。
朝食で摂取をしていいカロリーは、350カロリーくらいが適当だといわれています。
一番ダイエットとして避けるべきことは、朝食をぬくということです。
食事を抜いてしまうと、体が飢餓状態になります。
そうなると、次の食事から必要以上のカロリーを摂取してしまって、さらにそれを脂肪として蓄えてしまいます。
そのため、太りやすくなってしまうのです。

寝ている間、全く栄養補給が行われていない体はまさにこの状態だといえるのです。
朝食に、健康的な栄養を摂取することで、ポジティブなエネルギーを体全体にまわしてあげることができるのです。
そうすることで、脂肪を効率的に燃やしてくれるからだのサイクルも働きはじめます。
固形の食べものをよく噛んで食べることでも、満腹中枢が刺激されて頭も元気に働いてくれるようになります。